トレエド學園

ブラック企業から逃げ出したボクは、入学金2000万円を手に人生の再起をかけてトレエド學園の門をくぐった……

2018年09月

かなり昔NHKで放送していた番組で熱中時間 忙中"趣味"あり』というものがありました。
番組では毎回色々な趣味を取り上げましたが、特に鉄道趣味の放送回では撮り鉄、乗り鉄、模型鉄、制服鉄など、本来は生活インフラに過ぎない鉄道への人それぞれのアプローチ多様さ、あらゆる人を受け入れてしまう鉄道趣味の懐の深さを取り上げていました。

株式売買も懐の深さでは鉄道にも引けをとらない趣味だと思います。
取り組み方は人それぞれで、業績予想する人、統計を用いる人、扇動して騙す人、本当に多種多様です。
それに習熟すればだんだん面白みがわかってくるし、うまくやれば老いて死ぬ寸前まで取り組める。
大きく負けた時には自分の内面に深く向き合わざるを得ません。それもまた面白いです。

元々の「忙中閑あり」とはどんなに忙しい中にも、わずかな暇はあるものだということ。
僕の場合まったく逆で、閑中忙あり、丸一日時間を持て余している中で唯一取り組んでいるのが株です。
何もやることがない引きこもりの皆さん、さあ株を始めましょう。

金曜日 散歩9km。快晴、涼しくて気持ち良い。
ベランダのプランターでスズメが4羽砂浴びをしていた。

首相の国連演説、確かに「背後」を「せご」って発音してる。
側近の人は原稿にどの程度までふりがな振ればいいのか悩むね。
さすがに全ての漢字にふりがな付けたら、首相も凹むだろう。
もし歴代の首相に漢字ドリルをやらせたら確実にビリだよ。
支持者もこの件はかなり動揺しているとみた。

2018-09-28 15_02_01-スタート

木曜日、完全ひきこもり。

逆張りである程度資金を増やすことができたら、トレンドフォロー手法を取り入れたい。
それには上がってる株、下がってる株を一切の偏見をもたずに売買する練習を繰り返す必要がある。
今の資金量では対象銘柄を絞り込まなければならないのでストレスがたまり練習どころではない。
しかし良いことを思いついた。
最近は各証券会社で単元未満株の取扱がある。手数料は高くなるが1株から買える。
一銘柄を2万円分位に抑えれば、チャートを見て迷わずガシガシ買っていけるじゃないか。
そもそもトレンドが崩れない限り長期間保有したいのだから、手数料も許容できる。
と思って、別のSBIの口座で試してみた。
しかし単元未満株の売買はやはり色々制約がある。注文をかなり早めにいれて置く必要があるし、約定は前場と後場の寄りだけ。
トレンドフォローの要である早い損切りができないのである。
もちろん空売りもできない。
2万円で買って4万まで伸びた銘柄もあったが、タイムラグの大きい損切りに耐えることができないのでトレンドフォロー練習はあえなく中止となった。
単元など廃止して空売りも含めて1株から売買させて欲しい。
任天堂なんか中学生がお年玉で買える様にしてもいいんじゃないか。
2018-09-27 15_00_41-スタート

いただき物の山形のぶどうを食べた。
ピオーネとかシャインマスカットとかいろいろ。
うますぎて脳がスパークした。シャイニー!
果物って素晴らしい。

マーケットアゲアゲ。
口座には恩恵なしです。
残ってるのは売り2つに買い2つ。
昨日、裁量で1つ早く利食ったのですが、失敗でした。
どれが、いつ、上がるか、下がるか、はわからないですね。
エクスポージャーが減少してきました。
エクスポージャーとは市場の価格変動のリスクにさらされている資産の度合いのことです。
僕は逆張り主体なので、エクスポージャーに気を配らなければなりません。
マーケットの上下動を人間の呼吸と見立てると、浅い呼吸を繰り返したかと思えば、いきなり深呼吸をしたりします。逆張り分割買いの場合、マーケットが深呼吸をして膨らみきったところに焦点をあわせます。合わせ損なうと悲惨な結果となります。

2018-09-26 15_26_16-スタート

火曜日。涼しくて過ごしやすい。
雨が降っているので散歩はなし。
部屋でヨガマットの上でスロージョギング風味のどちゃくそムーブ。
体を動かすと気が紛れるのは間違いない。
気力がわかなくても、体をとにかく動かす。そうしないと沈む。
いずれというかほぼ8050問題の当事者です。
ほんのわずかでも社会との接点を断ち切らない様にしたい。

秋、睡眠、株、散歩、本、ネット。これだけ…虚しい。
将来経済的自立をすることができたら
・マンションのスケルトンリフォーム
・ビジネスホテルを泊まり歩き、日本全国を散歩。
をやってみたい。

今日は戻り売りを6つ建てて、3つ損切り。
買いは2つ残っている。
2018-09-25 15_54_05-スタート

備忘録
沈みそうになったら見ること。

↑このページのトップヘ