トレエド學園

ブラック企業から逃げ出したボクは、入学金2000万円を手に人生の再起をかけてトレエド學園の門をくぐった……

タグ:トレンドフォロー

木曜日、完全ひきこもり。

逆張りである程度資金を増やすことができたら、トレンドフォロー手法を取り入れたい。
それには上がってる株、下がってる株を一切の偏見をもたずに売買する練習を繰り返す必要がある。
今の資金量では対象銘柄を絞り込まなければならないのでストレスがたまり練習どころではない。
しかし良いことを思いついた。
最近は各証券会社で単元未満株の取扱がある。手数料は高くなるが1株から買える。
一銘柄を2万円分位に抑えれば、チャートを見て迷わずガシガシ買っていけるじゃないか。
そもそもトレンドが崩れない限り長期間保有したいのだから、手数料も許容できる。
と思って、別のSBIの口座で試してみた。
しかし単元未満株の売買はやはり色々制約がある。注文をかなり早めにいれて置く必要があるし、約定は前場と後場の寄りだけ。
トレンドフォローの要である早い損切りができないのである。
もちろん空売りもできない。
2万円で買って4万まで伸びた銘柄もあったが、タイムラグの大きい損切りに耐えることができないのでトレンドフォロー練習はあえなく中止となった。
単元など廃止して空売りも含めて1株から売買させて欲しい。
任天堂なんか中学生がお年玉で買える様にしてもいいんじゃないか。
2018-09-27 15_00_41-スタート

あらためて振り返る。
2018-09-04 18_26_48-スタート
年末にライブスター証券に2000万入金。
手法はリバウンド取りの逆張りと順張り。どちらも手習いのレベル。
6ヶ月連続でプラスは出来過ぎ。数字は全部税引前です。
2月のDDの原因はやはり経験不足から精神的な脆さが前にでました。
やり方には優位性があったし、資金管理面でも絶対的な安全マージンはあった。
少しづつ経験を積み上げていくしかないんだろうな。
「2月に暴落ブチかまされたときと 同じだ……」
C6FAhB7UwAAj3Gc
↑ヘビー級ボクサーに殴られた直後ですw

しかし、過去何十年も誰も見たことのないブラック・スワンがきたら、どう対処していいかわからないんだよな。
誰も見たことないから対処に困るのがブラック・スワンなんだけど。
ニコラスタレブの「反脆弱性」を読んだら、普段からちまちま傷ついて、たまにドカっと回復するのがブラック・スワンに強いとあった。オプションの話だけど。
低勝率で高リスクリワードレシオが良いというなら、ブラック・スワン後に生き残るのはトレンドフォローの人なんだろう。
逆張りナンピンありをアンダースロー技巧派とすると、トレンドフォローは右腕本格派だな。
上がってる株を買う。下がったら切る。強い株に資金をのせていく。
最後ののせが平然とできるようになるには相当な経験が必要になると思う。
自分の手法も身に着けてないけど…トレンドフォロー、あこがれるわー

↑このページのトップヘ